Next Exhibition
guse ars exhibition Washed

2016年に開催してたくさんの反響をいただきました
guse ars(グセアルス)が取り組む
“washed pattern project”の新作展を開催します。

“Washed”と題した本展では、海や川に漂着した陶片から生まれた、
未だ漂い洗われ続けているような模様絵を発表します。

陶片から生み出される新たな美しいパターンは
独創的で無限に広がる想像の世界を感じさせてくれます。

昔は「何か」だった陶片が、新しい「何か」に生まれ変わるそのものたちは
過去と未来を繋ぐひとつの時間のよう。

ぜひ会場にお越し頂いてご覧ください。


guse ars exhibition
Washed

2018年11月11日(日)〜25日(日)
◎時間 13:00〜20:00
※会期中無休

guse ars(グセアルス)
2010年結成。
東京を拠点に活動する村橋貴博と岩瀬敬美による2人組のアートプロジェクト。
海や川に漂着する陶片を採集し、それを創造の種として作品発表、
アートワークの提供、デザイン制作などを行っている。
また、村橋貴博はコラージュワーク、
岩瀬敬美はドローイングワークなどソロ名義での活動も並行している。

会期 2018.11.11 sun - 25 sun

Top